ジスロマックは抗生物質の中でも非常に有名な医薬品です。

抗生物質のジスロマック

季節の変わり目等で免疫力が下がってしまいふとした時に引いてしまう風邪、そんな時に病院から処方される事がある抗生物質。
抗生物質の効果として良く誤解されやすいのですが、決して風邪により発生した発熱や喉の痛みを抑えてくれる薬では無く、病気の元となるウィルスや細菌を殺してくれる働きが有るのです。
様々な病気に対処してくれる万能薬ではありますが細菌感染症以外の病気には効果が発揮できません。

又、細菌感染症治癒に対して幅広く使われており、歯周病にも利用されている薬の1つにジスロマックと呼ばれるマクロライド系の抗生物質が存在します。
働きとしては細菌の生成に必要とされるタンパク質の合成自体を根本から妨害する事により細菌の増殖と育成を抑えて死滅してくれます。
ですので肺炎、リンパ系の感染症や、先程記した歯周病等のプラークに対して有効で、副作用が少なく患者達に与える負担が少ない事から重宝されている薬です。

作用は幅広く使い勝手が良いジスロマックですが、近年流行中のインフルエンザを始めとしたウィルス疾患には効果が無いですが細菌の二次感染症や予防には用いられているケースが殆どです。
次に医薬品には付き物の副作用ですが特に多いのが腹痛や胃痛、下痢と言った軽度の症状が多く一般的には数時間で治る場合や1日もすれば快調に向かう方が多くもし数日経過しても治る様子がない場合はかかりつけ医師に診断してもらいましょう。
又、下痢の副作用は脱水状態を引き起こしやすくさせる為小まめな水分と塩分補給を行う様に心がけてください。
最後にジスロマックは服用時の注意として飲み続けが重要で、飲み続ける事によって胃の中に成分が溜まり効力の実感が出来ます。
成人の場合は1日に一度、1回で2錠分を服用致しますが、感染症の症状や種類によっては量が変わりますので先ずは服用方法と処方した医師に従って下さい。
飲み忘れや自己勝手な判断により服用を中止したり量を減らす又は増やす行為は禁物であり返って体の抵抗力が減り細菌の増殖、症状悪化にも繋がりかねませんので注意して下さい。
正しい知識のもと正しく服用することで効果を有意義なものにしましょう。

ジスロマックを購入し効果を実感する